いかに印象に残る名刺を作成するかが大切です

名刺は自分をアピールする道具であり、いかに印象が残りやすく作成するかが今後のビジネスワークに影響していきます。
選挙ポスターがそうであるように難しい漢字にはふりがなを付けたり、役職名だけでなく資格を記入して印象付ける場合があります。
変わった名前ほど覚えられにくい面と、印象に残る面があります。
読みにくい部分だけ文字を大きくしたりすると視覚的に印象に残ります。
交換後の話題になるように心掛けて渡せるよう作成時にいろいろと作戦を練っておきましょう。
後々まで印象に残る名刺を作成するためには、視覚的なイメージが必要です。
社章はその代表的なもので、会社名だけでなく社章の視覚化が印象に残すためには大切です。
顔写真入りのものも印象を強める方法のひとつです。
後日名刺を見たときに顔を思い出せない人は、相手にも思い出してもらえないことがあります。
相手に印象付けようと心がける人は相手のことにも関心が生まれます。
相手に名刺を保管しておいてもらいたいと思うのなら前もって印象に残るものが必要なことがわかります。